チューブ技術情報 | 医療および半導体部門向けのステンレス製継手メーカー|CHIBIN Machine Co., Ltd.

ちびんは、サンプルから設計、製作、検査、カスタムまでワンストップで対応するステンレス管継手メーカーです。

チューブ技術情報


チューブの選び方は?

1.硬さ:チューブは継手よりも軟らかいことが求められます。同じ材料で作られたチューブとフィッティングの場合、金属チューブは、簡単に曲げたり広げたりできるように完全にアニールする必要があります。
2. 表面: チューブの表面に傷や欠陥があると、特にガス システムの場合、シールが困難になります。
3. 真円度: 楕円形または非円形のチューブを継手に無理に挿入すると、ナット、フェルール、およびボディのシール機能が損なわれる可能性があります。
4. チューブの厚さ: 以下の表には、チューブの厚さと使用圧力の関連範囲が含まれています。フェルールがグリップしている場合、薄すぎるチューブ壁は垂れ下がって変形する傾向がありますが、これはより厚い壁のチューブには当てはまりません。

下の表にない肉厚のチューブは使用しないでください。

ASTMA269 または A213 規格に基づくチューブの選択

安全上のご注意

1. システムに圧力がかかった状態で、フィッティングを緩めたり締めたりしないでください。
2. 圧力リリーフ弁などの有効な圧力リリーフ方法を採用してください。圧力を逃がすためにナットやプラグを緩めないでください。
3. ナットを締める前に、チューブが継手本体の内側の肩にしっかりと留まっていることを確認してください。
4. 管用テーパーねじ(PT または NPT)には、シール剤またはシールテープを塗布して、シール効果を確保してください。
5.品質が異なるため、空気漏れを防ぐために同じブランドのフィッティングを使用することをお勧めします。
y継手の脱着は、継手本体をしっかり持ってナットを回して行ってください。
7. ネジの衝突を防ぐため、使用しない継手のナットを取り外さないでください。
8.ステンレス鋼管の硬度:80HRB以下。

チューブの技術情報 - 1980 年以来、医療および半導体産業向けの 40 年以上のチューブ/パイプ継手メーカー |CHIBIN Machine Co., Ltd.

1980年より台湾を拠点に、CHIBIN Machine Co., Ltd.ステンレス鋼管継手メーカーです。チューブ継手、圧縮継手、急速空気圧継手、プッシュイン空気圧継手、油圧継手、高圧配管継手、クイック カップリング、ノズルおよびニードル バルブなどの主要なパイプおよびチューブ継手製品は、医療および半導体分野に特化しています。

お客様から高い評価をいただいている定番商品を14種類ご用意しております。特にチューブ継手、クイックカップリング、ワンタッチ式空気圧継手は国際競争力があり、多くの海外バイヤーから継続的に発注されています。ISO認定およびTTQS受賞のパイプ継手。米軍MIL-STD-105E仕様に基づく抜き取り検査による社内規格。標準品は10,000個以上の在庫があります。カスタム品は3,000個まで。CIBIN Machine は、開発、設計、製造、組み立てのワンストップ サービスと、世界中のクライアントから高い基準を達成するためのカスタム ソリューションを提供します。

CHIBIN Machine は、1980 年以来、高度な技術と 40 年の経験の両方を備えた高品質のパイプおよびチューブ継手を顧客に提供してきました。CHIBIN Machine は、各顧客の要求が確実に満たされるようにします。